こころの競馬予想

第17回シルクロードステークス

第17回シルクロードステークス

エーシンヴァーゴウ
   |
サンダルフォン
スギノエンデバー
キョウワマグナム
ロードカナロア
エーシンダックマン

今日の京都11R・シルクロードステークスは、エーシンヴァーゴウから馬連5点を買いたいと思います。
エーシンヴァーゴウは、昨年アイビスサマーダッシュとセントウルステークスを制し、サマースプリントシリーズで優勝を飾った実績馬。
また、昨年のスプリンターズステークスではG1を舞台に一線級と戦い3着に好走しており、ここでも能力上位と言える存在でしょう。
今回の京都1200mコースでは5戦して3勝2着2回と連を外しておらず、休み明けも苦にしたい事から、牝馬の56.5キロでも軸として信頼してみたいと考えています。

第47回福島記念

第47回福島記念

マイネイサベル
  |
マンハッタンスカイ
セイクリッドバレー
モンテエン
アドマイヤコスモス
ヤングアットハート

今日の新潟11R・福島記念は、マイネイサベルから馬連5点を買いたいと思います。
前々走のローズステークスでは勝った強敵ホエールキャプチャからクビ差の2着に好走しているマイネイサベル。
前走の秋華賞は流れに乗れず15着と大敗しましたが、新潟は新馬戦と新潟2歳ステークスを連勝した経験のある好舞台。
52キロの軽ハンデも大きなプラス材料で、ここは大幅な巻返しが期待できると思います。

ブラジルカップ

ブラジルカップ

フリソ
 |
スターシップ
インバルコ
ロールオブザダイス
ウインペンタゴン
タカオノボル

今日の東京競馬11R・ブラジルカップは、フリソから馬連5点を買いたいと思います。
軸のフリソは東京のダート2100mで(2・2・0・2)と好成績を残しており、馬券を外した2戦も4着、5着と掲示板を確保する安定感を見せています。
前走の交流G2・日本テレビ盃でも2着に好走しているように状態面も良好で、好条件のここなら勝ち負けが期待できると思います。

第65回セントライト記念

第65回セントライト記念

サダムパテック
  |
ベルシャザール
トーセンラー
ショウナンバーズ
ユニバーサルバンク
マイネルメダリスト

今日のG2・セントライト記念は、サダムパテックから上記5頭へ流していきたいと思います。
軸のサダムパテックは、中山で弥生賞優勝、皐月賞2着と実績があり、コース相性の良さが窺える一頭です。
勝ち星が2000mまでに集中している馬ではありますが、良馬場でしっかりと折り合い持ち前の末脚を発揮する事さえできれば、2200mの距離も克服可能と予想しています。

マレーシアカップ

マレーシアカップ

フェデラリスト
  |
ラインドリーム
ハーバーコマンド
マイネルシュトルム
シャガール

土曜の札幌競馬12Rのマレーシアカップはフェデラリストから馬連4点を買いたいと考えています。
軸のフェデラリストは、デビューからここまでの3戦で全て4着以上の結果を残しており、負けた2戦も着差は勝馬と0.2秒以内と少差。
前走の支笏湖特別も昇級戦ながらに最後は4着まで追い込んでおり、大外を回りながらも良い脚を使って上位に食い込んで見せた内容は負けて強しと言えるものでした。
まだまだ底を見せていない印象もあり、今回は勝ち負けを期待してみたいと思います。

第13回新潟ジャンプステークス

第13回新潟ジャンプステークス

トリビュートソング
   |
アドマイヤサンサン
マジェスティバイオ
ナイスラッキー
タカラボス
クリーバレン
タマモサプライ

今日の障害重賞・新潟ジャンプステークスは、トリビュートソングから上記6頭へ流していきたいと思います。
トリビュートソングは、2006年に最優秀障害馬となったマルカラスカルの全弟で、血統通りのスタミナとパワフルさがある馬。
前走も後手に回りながら最後は半馬身差の3着にまで追い上げており、将来性の高さや斤量差を含め、ここは最有力と考えています。

みなみ北海道ステークス

みなみ北海道ステークス

マカニビスティー
   |
ジャミール
コロンバスサークル
ネコパンチ
マイネルアンサー
ドリームノクターン

今日のみなみ北海道ステークスは、マカニビスティーから上記5頭に流したいと思います。
2走前の天皇賞(春)ではG1の大舞台で強敵と戦い4着。
そして前走の目黒記念でも僅差の5着と目下の充実度が高いマカニビスティー。
芝・ダートどちらにも対応できるパワー型の馬だけに、函館競馬場の洋芝への適正も高そうな印象があり、ハンデも背負い慣れた56キロなら勝ち負けになるでしょう。

青函ステークス

青函ステークス

リリエンタール
  |
ナイネルアトレ
マジックビクトリア
エドノヤマト
ミッキーペトラ

今日の青函ステークスは、リリエンタールから上記4頭に流したいと考えています。
格上挑戦だった前走の五稜郭ステークスでは、ペースが落ちて持ち前の末脚を存分に発揮する事ができず8着という結果に終った同馬。
しかし今回は、3戦して2勝2着1回と連を外した事のない2000m戦で、自己条件に戻れば大幅な巻き返しが期待できると予想しています。

第52回宝塚記念

第52回宝塚記念

エイシンフラッシュ
   |
アーネストリー
ブエナビスタ
ローズキングダム
ダノンヨーヨー
トゥザグローリー

日曜の宝塚記念はエイシンフラッシュから上記5頭に流したいと思います。
今年初戦だった大阪杯で、59キロの重量を背負って3着に好走したエイシンフラッシュ。
3ヶ月ぶりのレースで外外を回る不利な流れの中、勝馬とハナ+クビ差の僅差だった内容も負けて強しと言えるものでした。
叩き2戦目だった前走の天皇賞も2着を確保しており能力の高さは疑いようもなく、強敵のいるここも軸馬として信頼できると考えています。

第28回エプソムカップ

第28回エプソムカップ

ダークシャドウ
  |
セイクリッドバレー
ハンソデバンド
レインフォーレスト
ダンツホウテイ
ドリームゼニス
アロマカフェ

日曜のエプソムカップはダークシャドウから馬単6点を買いたいと思います。
格上挑戦だった前走の大阪杯で2着に好走しているダークシャドウ。
レコードタイムを叩き出したヒルノダムールとはハナ差で、3着以下に押さえた相手にも強いメンバーが揃っているなど高く評価できるレースでした。
東京では3戦3勝と負けた事がなく適正の高さにも魅力がある馬で、やや重の馬場で2勝を飾っている点も強味と考えています。

より以前の記事一覧