スポーツ

第64回朝日杯フューチュリティステークス

2012年2歳王者決定戦第64回朝日杯フューチュリティステークスが12月16日中山競馬芝1600メートルを舞台に行なわれる。

前走、オープン特別いちょうステークスを勝ったフラムドクロワールが出走する。

6月9日東京芝1400メートルの2歳新馬戦でデビュー。

初戦を快勝。

約3ヶ月の休養を空けて9月30日中山競馬芝1600メートルのオープン特別芙蓉ステークスに出走。

0秒2差2着と敗れた。

そして前走、10月20日東京芝1600メートルの2歳オープン特別いちょうステークスはしっかり勝利。

ここまで3戦2勝2着1回と安定感の高い競馬を続けている。

父ダイワメジャー、母シルクプリマドンナという両親から受け継いだクラシック馬の血を2歳王者決定戦の舞台で爆発させる。

第32回ジャパンカップ

国際GI第32回ジャパンカップが11月25日東京競馬芝2400メートルを舞台に行なわれる。

秋のGIシリーズ第7戦目。

前走、GI天皇賞(秋)4着のダークシャドウが出走する。

昨年は東京芝1800メートルのGIIIエプソムカップ、同じく東京芝1800メートルGII毎日王冠と重賞2勝。

そして東京芝2000メートルGI天皇賞(秋)では日本レコードの2着と大飛躍の一年となった。

今年もドバイ遠征などを経験したがここまで未勝利。

前走、東京芝2000メートルGI天皇賞では0秒4差4着。

ただし馬体重プラス8キロと太目でもあった。

今回も引き続き得意の東京コース。

馬体を絞って巻き返しなるか。

平ヶ岳特別

平ヶ岳特別

トップルビー
  |
バクシンカーリー
エクレウス
ミスターマスタード
サクセスゴーランド

今日の新潟11R・平ヶ岳特別は、トップルビーから馬単4点で勝負したいと思います。
軸のトップルビーは、初勝利を飾るまでに8戦を要しましたが、500万クラスでは安定した好走を続け2着→3着→1着と3戦で卒業しました。
成長と共に着実に良い脚が使えるようになってきており、地力強化が感じられる今なら格上挑戦のここでも互角に戦えると予想しています。

第143回天皇賞・春

第143回天皇賞・春

エイシンフラッシュ
    |
ヒルノダムール
ローズキングダム
ジェントゥー
ペルーサ
マイネルキッツ
トゥザグローリー

今日の重賞、G1の天皇賞・春は、エイシンフラッシュから馬連6点を買いたいと思います。
ちなみに軸のエイシンフラッシュは、この最強世代と言われる現4歳馬の頂点を極めた昨年のダービー馬。
今年初戦だった大阪杯でも、3ヶ月ぶりの久々で斤量59キロを背負い、更に大外から常時外を回る不利な流れとなる中で鼻と首差の3着に好走しています。
一度叩かれたことで状態が明らかに上がり目を見せているここは、首位争いになると予想しています。

第28回フェブラリーステークス

第28回フェブラリーステークス

バーディバーディ
   |
コスモファントム
ダイシンオレンジ
トランセンド
フリオーソ
セイクリムズン

今日のフェブラリーステークスは、バーディバーディを軸に馬連5点で勝負したいと思います。
軸のバーディバーディは、ここ2戦で強い逃げ馬を追い、最後の末脚が甘くなった印象がありますが、前々走のジャパンカップダートが1000m通過1分丁度、前走の東京大賞典も58秒9というハイペースの中、4着、3着と崩れを見せる事はありませんでした。
秘めた能力は高いものがあり、流れ1つで上位争いになると予想しています。