« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

第45回京都牝馬S

第45回京都牝馬S

14レインダンス
   |
1マイネレーツェル
5ワンカラット
8ヒカルアマランサス
9チェレブリタ
12ブラボーデイジー

レインダンスを軸に馬連5点を予想しました。
昨年のこのレースで2着に入った実績を持つレインダンスは、前走の京都金杯でも13番人気の低評価から0.1秒差の3着に好走しています。
これまで京都の1600m戦では重賞で2・3着に入った経験があり、好舞台で牝馬限定なら上位争いが期待できると思います。

第17回平安S

第17回平安Sを予想しました

1トーセンアーチャー
    |
5ダイシンオレンジ
7ネイキッド
9アドバンスウェイ
11ウォータクティクス

トーセンアーチャーを軸に馬連4点です。
4戦して3勝3着1回という京都コースとの相性の良さからトーセンアーチャーを選んでみました。
また、3番のフサイチギガダイヤは出走取消になったという情報が入っていますので、馬券購入の際はご注意下さい。

第50回京成杯

第50回京成杯を予想しました。

4アドマイヤテンクウ
    |
1レッドスパークル
8ブルーソックス
9タイムチェイサー
11フラガラッハ
13エイシンフラッシュ

アドマイヤテンクウを軸に相手5頭へ馬連で流します。
アドマイヤテンクウは、セレクトセールで高値をつけた高素質馬。
昨年の暮れに行われたラジオNIKKEI杯2歳Sでは、強敵を相手に上がり最速の3F34秒1という末脚を使って、勝馬から0.2秒という僅差の5着に健闘しました。
前走に比べて相手関係が手薄な今回は勝ち負けに持ち込めると思います。

第44回シンザン記念

第44回シンザン記念を予想しました

2ピサノユリシーズ
   |
6メイショウカンパク
7シャイン
8レト
9キョウエイアシュラ
10エスカーダ

ピサノユリシーズを1着軸に馬単5点を予想しています。
デビュー戦を制し、続く2歳500万下を3着に好走している同馬。
前走では33秒台の末脚を使っており、切れ味の鋭さは抜群。
叩いて更に上昇気配が感じられ、嵌れば怖い存在と考えています。

第59回中山金杯

第59回中山金杯の追い切りを見てみました。
兄弟揃っての出走となるトウショウシロッコとトウショウウェイブは、仲良く併せ馬。
特に右回りが苦手なトウショウウェイブは、Wコースを使って課題克服に挑戦し、スタートから馬体を並べると、6F83秒0~1F13秒2で併入。
右回りさえ克服できれば、能力的にここでも十分通用する事ができる馬。
兄のトウショウシロッコに注目は集まりそうですが、穴狙いとしてトウショウウェイブの方が面白い存在と考えています。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »